ホーム » 鹿角街道資源情報 » 歴史・文化資源 » 鹿角街道 » 福松の墓

福松の墓

冬の街道を進むうちに猛吹雪となり、疲労のため歩行困難となり倒れた飛脚の福松を気の毒に思った寺田の人々が、殉職の慰霊碑を立てたものです。福松は、16~17 歳の若者であったといわれています。
fukumatunohaka

名称
福松の墓
よみ
ふくまつのはか
分類
鹿角街道